差別

2010年6月15日

『私も一言物申す』 世の中に一言!! 一言私にも言わせて(^。^)
第五回目のテーマは「差別」
「外人がね・・・」
「それって差別用語ですよ」
「え?なんで?」
「知りませんけど、そう学校で習いました」
「あなたの学校の先生は***だったの?」
「わかりませんけど・・・」
「外人って差別用語の訳ないじゃない」
「え・・・・ただ外国人ならいいって言われました」
「どうして?」
「知りませんけど・・・なんででしょう」
「分からないで言ってるの?」
「学校で教わったから。ああそうそう、韓国人も中国人も差別用語だって聞きました」
「信じられない・・・アンビリーバボー!!」
外人が差別用語って誰が言い出したの?
日本語は字が意味を語っています。
だから、「外人」とは「そとのひと」「ほかのひと」という意味です。
『外』という字は「がい」「そと」「ほか」・・・など読み方があります。
「外国人」は「ほかの国の人」という意味で、国が主体。
日本以外の国に所属する人といっているわけです。
しかし、「外人」は「日本人以外の人(日本人ではない人)」という意味で、人が主体。
何が差別なの?
人を主に持ってきた外人が何故差別用語なの?
韓国人、中国人も差別用語とは何故なの?
韓国の人、中国の人って言わなきゃいけないってどういうこと?
なんで、韓国の人、中国の人って言わないと差別なの?
かえって意識する事の方が差別ではないのかしら?
アメリカ人とかイギリス人っていうじゃない、アメリカの人って言う? イギリスの人って言う?
いえいえ、言いいませんよ。
アメリカ人は自国をステイツって言います。
でも、私達は絶対そうは呼んであげないですよね。
これが、アメリカではなかったら、ステイツと呼ばないと言って差別だって騒ぐのかしら?
今や日本人で韓国を身近に感じると答えた人は50%
韓国人で日本を身近に感じると答えたのは42%
こういう数字が出ているのに、今さら外人、韓国人、中国人が差別用語とは・・・
日本語の持つ意味、音の響きなど、日本語で育った人にしかわからないものもあります。
それを考えたら、外人を差別用語と最初に言った人が、差別意識が高いのではないでしょうか?
個を大切にすることを差別ととらえているのではないでしょうか?
差別と個を大切にすることは違います。
私は地球は一つと言うのは、それぞれの個を大切にするからこそ一つになれると思うのです。
私たちが親から生まれてきたから、親と同じだと言われても反発するのと同じです。
個を大切にしないで地球を一つにしたら、それこそ弱肉強食で武力の強い国の人に同化しなければならなくなりますよ。
文化も文明もなくなり、総て均一化してしまい、美術も芸術もどこへ行ってもみな同じになってしまう。
こんなつまらない地球にしたら、地球の創造主はどう思うかしら?
もっと日本語の奥深さを学んでから、差別と叫んで欲しいですね。
本当の差別は、意識をする事だと私は思っています。
意識をしなければ差別など起きないのですから。
私は個を大切にして、地球に住む者達が、みんなで協力し合い、地球にとってよい存在となることが大切だ思います。
平和を叫ぶのは、平和ではないからです。
平和なら、改めて誰も平和は素晴らしいなどと騒ぎはしませんから。
真に公平で差別を意識をしない社会を作るには、お互いが自分と違う者を認め、敬う気持ちを持たなければなりません。
だから、差別だと騒ぐなら、みんなが自分以外の人、自分の仲間と違う人を認めて敬って大切にすることから始める必要があります。
差別は自分以外の人を認めず、自分が一番正しいし素晴らしいと思い、自分以外の人を蔑むから起きる意識です。
いつも、自分以外の人を称えて、違いを楽しみ、差異を大切にすれば、差別意識などなくなると思います。
私は日本人だから、日本人の友達が一番沢山います。
みんな素晴らしい人たちです。
でも私は北京や上海を故郷とする中国人の友達も沢山います。
みんな素晴らしい人たちです。
私は台湾人にも韓国人にも知り合いがいます。
みんな素晴らしい人たちです。
私はみんな大好きです。
それぞれ所属先が違うだけでしょう。
パナソニックの人とソニーの人が売上を廻って競争をします。
でもお互いどこに勤めているか知らないで知り合ったら、きっとすごく仲良しになります。
でも所属先を知ったとたんに、あれは言えない、これは言えないとなります。
これが違いを意識する始まりです。
だから、国が違うことだって、言葉が通じないから余計に差を感じるだけです。
これを、金星で、金星人と一緒に日本人が中国人と会ったら、それは母体が地球で一緒ということから急に仲良くなります。
それなのに、地球にいるときはへんな意識をして、仲良くなるチャンスを逸している。
本当にもったいないですね。
お互い自分以外の人を認めたら、差別なんてなくなり、世界が広がるから本当に楽しいですよ。

武士道ブログ

武士道協会会報誌無料送付いたします