私も一言物申す

訴訟

2010年6月5日

『私も一言物申す』 世の中に一言!! 一言私にも言わせて(^。^)
第三回目のテーマは「訴訟」
最近はアメリカナイズして簡単に訴訟をする人が増えた様に思います。
離婚問題ですら、当人同士が話し合いもしないうちに訴える夫婦も出てきました。
自力で考えて、譲歩しあって、和を保とうという考えがなくなって来たように思います。
簡単に訴訟が出来るようになると、不思議と人間に注意力や謙虚さが欠乏してきます。
そして、何かが起きるとすぐ人のせいにするようになります。
だから益々揉め事が増えてしまうのです。
最近、学校で子供同士の喧嘩で鼻血を出した子の親が、喧嘩相手の家を訴えたとか。
これでは子供に調和したり協調したりする力が育たなくなり、結果として大人になって自分の子供が人間関係が上手くいかずに悩み苦しむ結果を生むことに気づいていないのでしょう。
北海道のお寺で住職さんの若松お上人様から説法を拝聴しました。
公園の滑り台で遊んでいた子供が、滑り台の頂上から滑る時に坂にかかっていた鉄のアーチに頭をぶつけて怪我をしてしまったそうです。
その子の親はすぐに行政を訴えました。
色々取調べがあり、設計者にも事情聴取がありました。
その設計者は「わざと怪我をするようになっています」と言ったのだそうです。
つまり、注意をしないと痛い目に遭うよということを小さな怪我で小さい時から教えていくというのです。
私はこの話をから聞いて成るほどと思いました。
今育児中の若い両親に、絶対的に必要な知識であり、子供には必要な体験だと思いました。
この訴訟の結果は残念ながら知りませんが、裁判官が人としての生き方を理解している方だったらいいなと思うばかりです。
訴訟をするようになると理論ばかりが達者になり、善悪よりも言い負かした者が正しいとなることで、ならぬものはならぬのですという当たり前の感覚に障害が生じます。
戦争というのは、正しい国が勝つのではありません。
力の強い国が勝つのです。パワーポリティックス、つまり、軍事力にものをいわせた権力政治がまかり通っています。
喧嘩も正しい善い人が勝つのではなく、力の強い人が勝つのです。
そして、訴訟はいかに自分を正当化するかが勝負なのです。
つまり、反省などしていたら負けてしまうのです。
生きていく上で最も大切な『反省』が、勝つためには邪魔な存在になってしまうのです。
『反省』をするから、怒りも静まり、同じ過ちをしないで済むようになります。
結果として、自己主張が盛んになり、相手への配慮がなくなりますから、気付きや真意を汲み取る力が育たなってしまうのです。
最近は消費者が怪我をしたら、メーカーが訴えられて責任を問われることになるから、説明書にこんな事まで書かないといけないの? と呆れるようなことまで記載されているのを度々見かけ ます。
これではマニュアルがないと生きられない人間が育ってしまうわ・・・と懸念し、心配になってしまいます。
人間の目は自分以外を見るためについています。
だからこそ、心の目は自分の内面を見つめるようになっているのです。
そうしなければ上手く心身のバランスが取れないのです。
それなのに、何でもかんでも訴訟にもっていくと、自分を見つめる目が育たなくなり、他者を批判することが当たり前になってしまいます。
そうすると、被害者意識が高くなり、精神的にバランスが崩れて、かえって心の病になりやすいように思います。
訴訟も必要な時があるでしょう。
闇雲に訴訟反対を唱えているのではありません。
ただ、そのくらい自分達で話し合って解決したら? と思う喧嘩まで訴えるのはどうかと思います。
健全な楽しく幸せな毎日を送りたければ、訴訟は控え目にした方が良いのではないでしょうか。

子ども手当

2010年5月24日

『私も一言物申す』 世の中に一言!! 一言私にも言わせて(^。^)
第二回目のテーマは「子ども手当」
子ども手当を出すことが悪いこととはいいません。
でも、もっと思慮深く現場をリサーチして、本当に困っている所をにお金を使い、最終的に日本という国がよくなる方向へ導くようなお金の使い方をして欲しいと思っています。
この手当が決まってから、まだ誰の手にも手当が配られていないうちに、少なくても東京都23区内の区認定保育園での時間外保育料が倍に値上がりました。
今まで1時間400円だったのが800円にもなっています。
今はアメリカのパート時給8ドル前後といいます。
日本だって800円が相場でしょう。
パートだったら、働いた分全額が保育料に支払わなければならないといった金額です。
何のために働いているんだろう・・・と思うのが当たり前だと思います。
結果的に働く意欲などなくなってしまうような手当ということになってしまうのではないでしょうか。
国を豊かにするには、国民が働くことに意欲を示し、働くことで喜びが生まれるように仕向けなきゃならないと私は思います。
みんな仕事をしたくなくなって、生活保護を受ける人ばかりになったら、どこからその保護手当を工面するんでしょう?
生活保護手当は、一生懸命働いている国民が、『困った時はお互い様だから』という親切な気持ちで支払った税金から賄われているわけです。
大金持ちの寄付だって税金だって、死に物狂いで働いてこんなに儲けさせてもらったから、世の中に還元しますという優しい思いで、たくさんのお金を支払ってくださっています。
なにも邪魔で捨てたくなったお金や、国が株式会社を持っていて稼いでくれたお金で賄っているんじゃありません。
自分のお財布の中のお金ではないからこそ、成果が出るように真剣に使い道を考えなければならないのです。
今の世の中で、18時30分までに必ず終業させることができるという仕事って、どんな仕事でしょうか?
正社員だった場合、残業して欲しいと言われて断り続けたらどうなるでしょうか?
そして、仕事が17時或いは17時30分に終わる会社で、このご時勢でジャストタイムにタイムカードを押して退社できる女子正社員ってどんな会社に就職しているのでしょう?
私が社長なり人事部長なら、ジャストタイムにタイムカードを押して、絶対残業を拒否する女子正社員がいたとしたら、人事考課は最低ランクをつけたくなりますし、辞めて欲しいとさえ思うでしょう。
反対に私が保育園児がいる母親で社員だったら、一時間に800円もの超過手当を払うなら、ジャストタイムに会社を退社しなきゃ家計が大変。
残業手当がそのまま保育園に持っていかれるなら、働かずに子どもと一緒の時間を大切にした方がいいと間違いなく思い、実行するでしょう。
こんな主従の思いに差のある状態で仕事をしていて、良い仕事ができますか? 良いコミュニケーションがとれますかしら?
仕事は主の理念に従が感動し、協力し合って心を一つにしなければ、完成しないものです。
結局、働かなくても食べていける家がより裕福になるのが「子ども手当」という感じがしてしまいます。
夜まで働き、条件の悪い仕事しか就けなくて、頑張って休日に働いたり、夜間働いている家が、助かるような「子ども手当」にしなければ、世の中が良くなりません。
休日夜間保育が実現すれば、保育士の採用も広がり、雇用促進にもなります。
このときの保育士の給料に手当を使うのです。
保育士だけでなく、掃除をする人や事務をする人も採用するようになれば、どんどん雇用促進になります。
今で800兆円をはるかに超えた借金のある日本の経済。
この借金を早く減らすには、国民が働くのが大好きになって、働くことで生きがいとやりがいを感じ、社会に貢献している事を実感していくようにすることが、最も安全且つ早道です。
親がもらった子ども手当を、その子供が結局利子をつけて国に返却しなければならないようなことは、あってはならないことだと思います。
日本は素晴らしい国です。
世界中で一番欲しい国のパスポートは? と質問をしたとき、一番多いのが『日本国』のパスポートという返事です。
それだけ、世界の人が認めている立派な国なんです。
滅ぼしたら末代までの恥です。
何とか日本を世界のリーダーとして、武士道の行き渡った国として、子供たちに渡してあげようではありませんか

高校無償化

2010年5月23日

今日から新コーナーを増設!
『私も一言物申す』 世の中に一言!! 一言私にも言わせて(^。^)
第一回目のテーマは「高校無償化」
高校を無償化するなら、小中学校での勉強を完璧にして、小中学校の勉強を完璧にした上で、道徳・修身の授業を復活させて、礼儀作法の行き届いた子供に育てることにもっとお金を使って欲しいと私は思うのですが、いかがでしょうか。
勉強が嫌いな子供だっていますし、高校の勉強を受けなくても仕事で自分を表現した方が上手くいく子もたくさんいます。
どれもこれも同じように育てることよりも、個性を大切に育むことにも目を注ぐ必要があるのではないでしょうか。
だから、あの素敵な宝塚歌劇団だって中学を出たらすぐに入れるのでしょう。
大学院出てから宝塚歌劇団に入ったら、どうなるのでしょうね・・・
ひょっとして10歳近く差がある?
小学校と中学校の勉強を100%こなしたら、生活するのに困ることは決してありません。
なぜ、学歴にこだわるのでしょうか?
高校無償化にするという政治家は学歴の他になにが誇れるものをお持ちですか?
美容師さんだったら、その手にはさみを持たせたら、きっと誰よりも似合って美しさを引き出すヘアースタイルを創り出すでしょう。
調理師さんだったら、その手に包丁を持たせたら、きっと誰もが舌鼓を打つような美味しいお料理を創り出すでしょう。
大工さんだったら、その手にカンナや鋸を持たせたら、きっと誰もが羨ましがるような住み心地のよい家を創り出すでしょう。
歌手だったら、だれもがうっとりとして、嫌なことも忘れてしまうほどの歌声で歌を披露するでしょう。
俳優だったら、まるで本当の出来事のように観客を引き込み、涙と笑を誘い、感動の一こまを創り出すでしょう。
このように、学歴があってもなくても、世の中の人を喜ばせることはいくらでもできます。
学歴がなければ何も残らない人、そういう人が学歴学歴というのではないでしょうか?
高校をどうしても出たければ、ある一定の成績をとって、低所得証明をすれば学費貸与をして、卒業後に一定の約束を果たしたら返済義務がなくなるようにすればいい。
たとえば、必ず就業して10年間努めて納税し、社会保険料を支払うなどです。
大学に進学した場合は大学卒業後から10年間の就業があれば返済義務免除にすればいいのです。
途中でやめたら、たとえ生活保護をもらっていても、その中から1,000円ずつでも返済しなければならないように義務付けて天引き制度を強制化すればいい。
そうすれば、みんな頑張って10年働きます。そうすると、働くことが楽しくなる人も絶対に出てくると思います。
これからはどんどん人口が減るのだから、今までと同じと考えていたら大間違い。
怠け者と努力家には差をつけて、平等は悪で公平が善であるという考え方にしないと、働き者が居なくなってしまいますよ。
マニュアル対応しているから、公平の良さが解らないのです。マニュアル対応は平等にしか機能しませんから。
ここまで荒廃してしまうと、取り返すのが大変。
早く道徳修身の授業を取り入れて、だらだらと学校に誰もが通う仕組みはなくして、働くことの楽しさを知り生きがいを持って暮らせるようにしなくては、あと30年後に老後を迎える人は年金がもらえなくなります。
ぜひ、保育園幼稚園から武士道(道徳修身)を授業に入れてもらえるように、武士道を広めないとなりませんね。
そして、高校より上は何か目的を持って進学するようにしないと、欝やニートや引きこもり、自殺がなくならないように思います。
仕事を生きがいにして、やりがいを持って取り組んでいたら、絶対にパワハラもなくなり、欝も、自殺もなくなります。
武士道を志す人で、高学歴でない人はたくさん居ますが、尊敬できる人ばかりです。
何に長けているかを探し出すことが大切で、むやみにだらだらと通学することは良いことではないと思います。

武士道ブログ

武士道協会会報誌無料送付いたします